スーパーGT 2017 第1戦岡山 300kmレース 公式予選レポート

2017/04/08

4月8日(土)、2017年のスーパーGTが岡山国際サーキットで開幕しました。今季もCars Tokai Dream28はドライバーに加藤寛規選手、高橋一穂選手を迎え♯2 シンティアム・アップル・ロータス(LOTUS EVORA MC)でGT300クラスを闘います。

■公式練習走行
9:00からスタートした公式練習走行は、まず加藤選手がコースイン。昨晩降り続いた雨も朝方には止み、走るほどにレコードラインは乾いて行く状況で、EVORAのセットアップを進めて行きました。 途中赤旗による走行中断があり、26周目からは高橋選手にドライバー交代。高橋選手も精力的に周回を重ね、公式練習走行を終えました。 しかしタイムは、エースである加藤選手をもってしても1分28秒112がやっと。順位としても20番手と、比較的得意なコースである岡山国際サーキットとしては少しばかり残念なものとなりました。 しかし今季精力的に周回を重ねる高橋選手が1分29秒175と、昨年よりも加藤選手とののギャップを大幅に縮めたことは高く評価できました。 そして走行終了後、今回の不振の原因が、右ドライブシャフトのベアリング破損が原因であることが判明しました。当然チームは迅速にこれを対処し、期待をもって公式予選へと臨むこととなりました。

WT1_1875
■公式予選1回目(Q1)
曇り空ながら雨は降ることなく、今季初となる公式予選が14:45から定刻通りにスタートしました。 気温は21℃、路面温度は22℃。抜き所の少ない岡山国際サーキットで可能な限り上位に食い込むべく、Q1アタックは加藤選手が担当することになりました。 FIA-GT3マシンに比べタイヤの暖まりに時間を要するマザーシャシー。№2 シンティアム・アップル・ロータスはいつものように確実にタイヤを暖めながらアタックに備えていました。しかし計測4周目に入ったとき、今季から参戦する№52 マークX MCが、1コーナーでコースオフ。これによって走行は赤旗中断となり、予選は仕切り直しとなりました。 残り10分で争われることになったQ1は、空からは小雨がパラパラと落ちてくる微妙な状況で再スタートが切られました。 ここでいち早くトップに立ったのは、今季マシンをリニューアルした№51 LEXUS RC F GT3。そしてこれを№4 メルセデス AMG GT3がすぐさまひっくり返すという、激しい首位争いが繰り広げられました。 一方№2 シンティアム・アップル・ロータスは、加藤選手が5周目に1分28秒464、6周目には1分27秒181と、タイムを徐々に詰めて行きます。 そして7周目、ついに1分26秒360を刻んで3番手にジャンプアップ! さらには翌8周目に0.18秒タイムを詰めて、なんと2番手へと浮上したのでした。 その後もこのタイムは破られることなく、EVORAはQ1を二番手でフィニッシュ。フリー走行での不安を見事に振り払い、素晴らしいスタートを切りました。

WT1_1933
■公式予選2回目(Q2)
上位14台で争われることになった2回目の公式予選は、15:40ちょうどからスタートしました。天候はQ1で降り注いだ小雨が止んだものの、気温は21℃、路面温度も21℃に。ドライバーは、高橋一穂選手が務めました。 Q1同様にタイヤの暖まりが早いFIA-GT3勢は、№51 レクサス RC Fと№65 メルセデスAMG GTの2台が早々に25秒台へと突入し、激しい闘いを展開します。 そして15:48分、パイパーコーナーのアウト側縁石に乗りマシンをスリップさせた№30 TOYOTA PRIUS GTがコンクリートウォールにヒット。これでQ2も、Q1同様赤旗中断となりました。 しかし残りのマシンたちにとってそれは、非常に辛いアクシデントでした。№2 シンティアム・アップル・ロータスも含め、まさにこの4周目にアタックを開始していたマシンたちは、その出鼻をくじかれてしまったのです。 そしてオフィシャルは、残り時間を5分と発表。これを聞いた各車は、グリーンシグナルと同時に、一斉にコースへと飛び出して行きました。 残り僅かな周回数でタイムを出すために、高橋選手も果敢にアタック。計測2周目には29秒台へ突入し、3周目には1分28秒010をマークしました。そして最後のアタックに期待が持たれましたが、結果は1分28秒678と惜しくもベスト更新ならず。これで№2 シンティアム・アップル・ロータスは、13番グリッドから開幕戦をスタートすることとなりました。 しかし走行終盤で高橋選手はマシンへの違和感を感じており、チームがこれを確認すると、それは燃料ポンプの作動不良による燃圧不足が原因であると判明しました。 アタック中の赤旗中断、マザーシャシーのパーツ不良と立て続けにトラブルに見舞われた高橋選手でしたが、その走り自体はデータ上でも確実に進歩が確認でき、チームは大きな期待を持って明日の決勝レースに臨むこととなりました。

WT1_2002
 
Cars Tokai Dream28 シンティアム・アップル・ロータス
チーフエンジニア:渡邊信太郎

「今年は開幕まで原因不明のトラブルに悩まされ続けていたので、Q1で加藤選手が2番手のタイムを出してくれてホッとしました。セッティング的には昨年までのデータをもとにしたコンサバな内容だったのっですが、それでもタイムが出せたのでこれからも希望が持てますね。Q2で燃料ポンプが作動せず、高橋選手がタイムを出せなかったのがとても残念ですが、マシンのバランスも、タイヤの選択もよいとわかったので、明日の決勝はベストを尽くしてより上位を目指すつもりです。」


ドライバー:加藤 寛規 選手
「今日の予選は……興奮しました! 万全な状態で走ればこのポジションにいられることがわかって、本当に嬉しいです。公式練習中タイムが出ない状況でも、セッティングを煮詰め続けて行ったことは決して無駄ではなかった。それに今季精力的に走ることを課題とした高橋選手のタイムが、飛躍的に上がっていることもチームとしては大きな武器になると思います。ですから明日は大切に走りたい。最後までしっかり走りきってゴールすれば、よい結果が得られると思いますよ!」


ドライバー:高橋 一穂 選手
「いやぁ……走り終わったあとはダメだ…って思ったのですが。終盤に感じたガス欠症状のような違和感が、実際に燃料ポンプの作動不良だと聞いて、自分のドライビングに自信を失わないで済みました。マシン自体は、本当によく仕上がっていると思います。明日も頑張りますので宜しくお願いします。」

WT1_0560

2017.04.08