Lotus logo
購入シミュレーション

Lotus Difference - Handling

ハンドリングのベンチマークとして高評価を得ているロータス車。コーリン・チャップマンは、「ドライバーがクルマに求めるものはフィードバックとコントロール性、レスポンスの早さ、精度、俊敏性、そして加速力と瞬時に停止できるブレーキ性能である。」という信念を持っていました。ロータス車は安定性とバランスに優れていながら俊敏かつダイナミックな走りを堪能できます。方向とスピードをドライバーが思い通りに操ることのできる性能を備えているのです。つまり、ステアリングやアクセル、ブレーキをどのように操作すれば、車がどのように反応するかをドライバーが正確に把握できるということです。

だからこそ、ドライバーはクルマを思い通りに操るために必要なレベルのアクションを行うだけで、効率的にドライビングを堪能することができるのです。それがロータス車に乗るということであり、ロータス車のドライビングエクスペリエンスが「生粋」と言われる所以なのです。