Lotus logo

Highlights

ロータス・エリーゼ カップ 250 GP EDITIONは、1.8リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力248.4PS、トルク244Nmを実現するエリーゼ カップ 250をベースに、「チームロータス」が1972年から1986年まで戦ったF1をコンセプトに、魅力的なスタイルをまとったクルマとなります。全世界(日本を含む)で40台の限定生産となり、日本には20台が導入されます。日本でのデリバリー開始は2018年11月を予定しています。

エリーゼ カップ 250は、スーパーチャージャーエンジンを搭載しつつ軽量、かつモータースポーツを知り尽くしたロータスのノウハウを活かすことで、248.4PSを出力。優れたハンドリングレスポンスと触覚的フィードバックを発揮するよう設計されたシャーシへと伝達します。 また、軽量素材のリアウィング、フロントスプリッター、リアディフューザーを一新するなど、数々の改良により、エアロダイナミクスを向上させ、224km/hの速度で125kgのダウンフォースを発生します。「カップ」の名を冠する最新の車として、エリーゼ カップ 250は公道走行とサーキット走行の垣根を取り払い、日常に使用できるレースカー機能を備えています。 ロータスの開発チームは、軽量化とパフォーマンス強化に重点を置き、国際的な自動車業界誌から5つ星の評価を受けている最新のエリーゼに導入した大幅なアップデートをベースとして、エリーゼ カップ 250を開発しました。乾燥重量はわずか884kg、0-100km/h加速4.3秒を実現しました。エリーゼ カップ 250には、パフォーマンスを高めるための独自の工夫も多数施されています。 ダンパーの改良、超軽量鍛造ホイールとヨコハマADVAN A048 LTSタイヤ(フロント:195/50 ZR16、リア:225/45 ZR17)の装着などがその例です。

真のドライバーのための車としての評価を確かなものにすべく、効率的な設計、俊敏性、グリップ性能、スピードを完璧に組み合わせることで、2シータースポーツカーの新たな基準を打ち立てるエリーゼ カップ 250は、まぎれもないサーキットカーでありながら、公道走行にも対応します。サーキット走行にこだわるモデルの証しである「カップ」の名を持つこの最新のスポーツカーは、ヘセルを走る他の車と一線を画す存在として、今後間違いなくロータスブランドを象徴するファン垂涎のモデルとなることでしょう。エリーゼ カップ 250のエアロダイナミクスの変更は、車両の上下や周囲の空気の流れを変え、その結果、224km/h時125kgにまでダウンフォースが向上。これにより、抜群のコーナリング性能と安定性が実現しています。エリーゼ カップ 250は、248.4PSの最高出力を誇る、スーパーチャージャー付きのオールアロイ製1.8リッターエンジンを搭載。0-100km/hを4.3秒で加速し、一気に最高速度の約248km/hに達します。 ドライビング体験をさらに向上するために、ヘセルの音響エンジニアによって排気音がさらに改善されたエリーゼ カップ 250は魅力的な音を響かせます。この車の魅力を際立たせるために、エリーゼの精巧な6速マニュアルギアボックスには、ロータスが細部まで美しく仕上げたオープンゲート設計が採用されています。 エキシージ スポーツ 350に初めて導入され、エリーゼ用に最適化されたこの設計は、これまで以上に明快かつダイレクトな操作を実現し、よりすばやく正確なシフトチェンジを可能にします。

エリーゼ カップ 250には、リチウムイオンバッテリー、ロータスの職人がハンドメイドで仕上げたレースシート、モータースポーツ仕様の超軽量鍛造アルミホイール、独立懸架式ダブルウィッシュボーンサスペンション、フロントアンチロールバーを装備。併せてフロント、リアともにビルシュタイン製高性能ダンパーとアイバッハ製同軸コイルスプリングを採用しています。 ダンパーレートはエリーゼ スポーツおよびエリーゼ スプリントモデルを上回っています(コンプレッション:フロント12%/リア9%、リバウンド:フロント20%/リア30%)。また、フロントにAPレーシング製ツインピストンキャリパー、リアにブレンボ製シングルピストンキャリパー、フロントとリアともに288mm径クロスドリルドベンチレーテッドディスクを使用することで、高いブレーキ性能を実現。他の1.8リッターEliseモデルと同様、エリーゼ カップ 250にもドライバーが選択可能なESPモード(ドライブ、スポーツ、オフ)が用意されています。 さらに、トラクションを最大化し、ダウンフォースとダンピング性能を最大限に高めるために、エリーゼ カップ 250はヨコハマADVAN A048 LTSタイヤを装着。このタイヤは公道走行とサーキット走行のどちらにも適し、さまざまな気温や条件下で圧倒的なグリップ性能を発揮します。 エリーゼの堅牢かつねじり剛性に優れたシャーシ構造に加え、エリーゼ カップ 250はT45スチール製ロールフープも標準装備しています。エリーゼ カップ 250のキャビンは、高性能スポーツカーらしくハンドメイドで美しく作り込まれています。シートは、ブラックアルカンタラトリムに特別コントラストステッチが施されたロータス製のカーボンレースシート。トリムデザインはドアパネルとフェイスレベルベントへ続き、キャビンの随所に使われているアルミとのエレメントを引き立たせています。

TOP SPEED icon

TOP SPEED
248 KM/H

0 - 60 MPH icon

0 - 100 KM
4.3 SECS

POWER icon

POWER
248.4 PS

WEIGHT icon

WEIGHT(DRY)
884 KG

Features

1.8L DOHC 4気筒 Dual VVT-i エンジン + スーパーチャージャー + インタークーラー
2シーター
スポーツレシオ6速マニュアルトランスミッション
ダブルウイッシュボーンスポーツサスペンション
フロント/リア単筒式ビルシュタイン製ハイパフォーマンスガスダンパー
フロント/リアアイバッハ製コイルスプリング
フロントアジャスタブルアンチロールバー

※ ●・・・標準装備 ▲・・・選択 ○・・・オプション設定 -・・・設定なし
※ 料金は2018年10月18日現在のメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。

Specifications

モデル名 Elise Cup 250 GP
全長 mm 3,800mm
全幅 mm 1,720mm (ミラー除く)
全高 mm 1,130mm
ホイールベース mm 2,300mm
トレッド 前/後 mm 1,457mm / 1,506mm
最低地上高 mm 140mm
車両重量 kg 917kg ※
乗車定員 2名
エンジン型式 2ZR-FE
エンジンの種類 DOHC 4気筒 VVT-i + スーパーチャージャー
排気量 cc 1798cc
ボア×ストローク mm 80.5mm × 88.3mm
圧縮比 10 : 1
許容最高回転数 (瞬間) rpm 7200rpm
最高出力 kw/rpm 182.7kW (248.4ps) / 7200rpm
最大トルク Nm/rpm 244Nm (24.9kgm) / 3000-7000rpm
最高速度 km/h 248km/h
0-100km加速 s 4.3s
燃料供給システム ロータスコントロール電子制御
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 L 48L
ステアリング形式 ラック&ピニオン式
トランスミッション 6速MT
サスペンション形式 前 / 後 ダブルウィッシュボーン
前 / 後 単筒式ビルシュタイン製ダンパー
前 / 後 アイバッハ製コイルスプリング
ブレーキ形式 ABSシステム
前:APレーシング製 2ポッドアルミ合金製キャリパー
後:ブレンボ製シングルピストンキャリパー
ベンチレーテッドブレーキディスク
ブレーキディスクサイズ mm 前 / 後 : 288mm
タイヤ YOKOHAMA ADVAN A048 LTS
タイヤサイズ 前:195/50 ZR16 後:225/45 ZR17
ホイールサイズ 前:7.0J × 16 後:8.0 J × 17
シャーシ ロータス製オールアルミモノコック
ボディ オールグラスファイバーボディ (FRP素材)

※諸元数値は、イギリス本国発表値を基にしています(重量はKerb weight)。
※諸元数値は、2018年10月18日現在の数値となり、予告無く変更される場合がございます。

Gallery